おすすめの法人カードナビ

おすすめの法人カードはどうやって探せば良いのか

そもそも法人カードとは?

一般的に知られているクレジットカードは、個人で持つものです。だけど、それに対して法人向けのサービスに特化したカードがあります。それが法人カードです。企業や個人事業主向けに提供されていることから、経理事務の合理化や資金調達の効率化などを目的に使えるようになっています。

法人カードといっても、基本的な使い方は個人向けのカードと変りません。サービス面で違いはあっても、クレジットカードであることに違いはないからです。それでは、いったいどんなメリットがあるのでしょうか。

法人カードの活用方法

企業で契約している法人カードを社員に持たせれば、出張費や交際費をそのカードで精算することで手続きがシンプルにできます。社員としてもいちいち立て替える必要がないため、金銭的な負担が軽減されます。最終的には戻ってくるとはいっても、長距離の出張や宿泊費を負担するのは大変ですが、法人カードがあれば支払いをすべてカードで済ませられるのです。

立て替えがなくなると、経理事務の手続きが簡単にできます。領収書を提出してもらって手続きをして、その分のお金を社員へ支払う必要がなくなるからです。小規模の会社であれば、それほど大きな負担にはならないかもしれませんが、一定以上の規模になると手続きのシンプル化は大きな効果が期待できます。

カードを利用するメリットは、これだけではありません。そのときの支払いはカード会社が持ってくれるので、会社としても支払日までに現金を用意する必要がなくなります。しかもクレジットカードの場合は、国内だけではなく海外でも利用できるので、海外出張の際も活用できるのです。

大きな会社であればあるほどメリットが大きくなる法人カードですが、中小企業でもその恩恵は十分に得られます。会計業務の電子化を進めるという意味でも効果は期待できるので、スムーズな事務手続きを実現するためにも導入して損はありません。

おすすめの法人カードを比較
法人カード比較プロ

法人カードの注意点

とても便利な法人カードですが、気をつけなければならないことがあります。基本的に審査は厳しめという点です。せっかくカードを作りたくても、審査に通らなければそれは叶いません。それはなぜかというと、限度額が個人向けのカードと比べて高いからです。

法人カードは、親カードのほかに社員用の子カードを作れます。そしてそこで使われた分が限度額内に収まっている必要があります。これは個人用のクレジットカードと変わらない部分ですが、会社の規模が大きくなれば支払いの数も増えて、カードの限度額もかなり高いものでなければすぐにパンクしてしまいます。

もちろん、法人カードの審査基準も各カード会社によって変わるので、審査に通るのかどうかは実際に受けてみなければ分かりません。また審査結果によって限度額も変わってくるので、最初は用途を絞って実績を積み、限度額を広げていくことも必要です。サービス自体もそれぞれのカード会社によって異なるので、これから法人カードを作ろうと考えているなら、どんなカードが良いのかをしっかりチェックしていきましょう。

おすすめのカードは会社によってそれぞれ

様々な種類のある法人カードですが、その中でもおすすめと言われているものはあります。だけど重要なのは、いったいどれだけの規模でどのような用途に使うのかです。そしてそれぞれ提供しているサービスにも違いがあるので、おすすめと言われている法人カードの中でも自社に合ったものを探す必要があります。

おすすめの法人カードを見つけたいなら、まずはどんなカードがあり、どんなサービスが提供されているのかをチェックしてみてください。実際にそのカードを利用している口コミ情報なども、情報収集の役に立ちます。

自分の企業によって1番有利なカードを選ぶこと。これが法人カードを選ぶ際の注意点です。それぞれのビジネスシーンで、最大限活用できるカードを探して申し込むようにしましょう。

法人ETCカードラボ
おすすめの法人ETCカードを比較

メニュー

Copyright (C)おすすめの法人カードナビAll Rights Reserved.